東大和アイスホッケーサポーターズ|東京・東大和市からアイスホッケーを一緒に盛り上げて頂ける仲間を募集しています!

メディア出演情報 | 三浦優希選手(レイクスペリア大学3年)

アメリカ・ミシガン州のレイクスペリア州立大学に所属する三浦優希選手(東大和市出身)がミシガン州のスポーツ番組に取り上げられました。

下記サイトリンク内の動画をクリックすると取材映像をご覧頂くことができます!(日本語訳を知りたいという方は、下にスクロールしてください!)

以下、上記リンク内にあるインタビュー映像(約1分程度)の日本語訳を掲載します。

テレビMC

 3歳からアイスホッケーを好きになって、長野オリンピック代表にも入ったプロアイスホッケー選手の父親の影響でアイスホッケーを始めました。その後、日本とチェコでプレーを続けて、彼はアメリカでプレーすることが難しいということを語りました。その要因は、新しいゲームスタイルに適応しなければならないということと、英語を覚えなければならなかったということであります、だが、彼はとても良いチームメイトとコーチに恵まれて、それらに早く適応できるような環境にありました。

三浦選手インタビュー(映像内のコメントを日本語訳)

『1年生の時は、最初、コーチが何を求めているのか理解することが大変でした。分からないことに少しストレスがありました。しかし、それと同時にコーチであったり、チームメイト、ルームメイト、クラスメイトが英語を覚える手助けをしてくれて、彼らには感謝しきれないくらい恩を感じています。』

三浦優希選手のフルインタビューの音源は以下の画像をクリックして頂けると聴くことができます。(約12分程度:英語版のみになります。)

 三浦優希選手は、現在NCAA(全米大学体育協会)Division 1(トップディビジョン)に所属するレイクスペリア州立大学でプレーしています。

日本人男子アイスホッケー選手初のNCAA ディビジョン1プレイヤー

として活躍中!

 noteでは、三浦選手本人が学生アスリートとして学んでいることや得たことなどを含めた成長の物語が綴られています。三浦選手のパーソナリティがはっきり分かるので、noteもチェックしてみてください!

  Twitterでは動画等もたくさんアップされているので、アイスホッケーを知らないという方にもオススメです!(アイスホッケー界No1のTwitterフォロワー数を誇っています!)

 三浦選手の大学3年目のレギュラーシーズンも残すところ8試合。今シーズンはここまで2ゴール10アシストと昨年以上の成績を残しています。レギュラーシーズン残り試合でさらにゴール&アシストを決めて、日本人も本場アメリカで戦えるということを証明してもらいたいと思います!

今後の三浦優希選手の活躍にご注目ください!

*試合情報等は、東大和アイスホッケーサポーターズのTwitterページにて随時更新中。⇒ https://twitter.com/HIS_icehockey

最新情報をチェックしよう!
>東大和アイスホッケーサポーターズ

東大和アイスホッケーサポーターズ

ウィンタースポーツの代表格の競技であるアイスホッケーでは、多くの若手プレイヤーが独力で海外リーグに挑戦しております。 東大和アイスホッケーサポーターズは、スポンサード企業獲得の支援を行うなど選手の環境整備をしつつ、地域貢献事業を通して東大和のスポーツの街としての魅力向上に繋げる活動を行います。

CTR IMG