東大和アイスホッケーサポーターズ|東京・東大和市からアイスホッケーを一緒に盛り上げて頂ける仲間を募集しています!

三浦優希選手シーズン終了! │ 本人コメント

 NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1所属のレイクスペリア大学3年三浦優希選手の2019-2020シーズン(大学3シーズン目)が終了致しました。

 チームはプレーオフ1回戦で強豪ベミジ大学(レギュラーシーズン2位)に惜しくも敗れてしまいましたが、個人成績では昨シーズンを大きく上回る成績を残しました。

↓↓↓プレーオフ詳細

三浦優希選手 コメント

『皆さんこんにちは!三浦優希です。レイクスペリア州立大学での3シーズン目が終了しました。一年間を通した温かい応援、本当にありがとうございました!

このシーズンは、自分にとって成長できた点と課題がはっきりと現れた一年となりました。成長できた点としては、昨年に比べ7倍以上のポイントができたこと(2ゴール12アシスト)、試合出場時間の大幅な増加(全試合出場)、キルプレーでの役割や、ブロックショット(フォワードでリーグトップ)などです。どちらかというと、守りの面においてチームへの貢献度は大きく増したと感じています。一方でオフェンス面ではまだまだ決して満足のいく結果を残すことはできませんでした。シーズンを通して2ゴールのみに終わってしまったのは、間違いなく自分の実力不足です。最低でも10回近くあった絶対的チャンスを逃し続けました。ずっと昔からそうですが、フィニッシュする力を身につけなければいけません。

この一年間、大きな怪我もなく全試合に出場できたことで学べたことが多くありました。初めてチームの中心選手としてプレイすることができ、勝敗に関わる場面でたくさんプレイをすることができました。この経験は、未来の自分を助けてくれると思います。あっという間に、来シーズンは大学ラストイヤーとなりました。プロへ進むには、今までのような実績だけでは全く足りません。大学最終年となる4年目のシーズンで、より良い結果を残し、今後のキャリアを自分の力で新たな道を切り開きます。そのためにも、この夏のオフシーズンで最高の準備を積みます。

この一年間、皆様から頂いた温かい声援が僕を励まし続けてくれました!改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました!とても楽しい一年でした!

三浦優希

 来シーズンはいよいよ佐野月咲選手と同じく最終学年となります!最終学年で更なる活躍が出来るように我々も応援していきたいと思います!

最新情報をチェックしよう!
>東大和アイスホッケーサポーターズ

東大和アイスホッケーサポーターズ

ウィンタースポーツの代表格の競技であるアイスホッケーでは、多くの若手プレイヤーが独力で海外リーグに挑戦しております。 東大和アイスホッケーサポーターズは、スポンサード企業獲得の支援を行うなど選手の環境整備をしつつ、地域貢献事業を通して東大和のスポーツの街としての魅力向上に繋げる活動を行います。

CTR IMG