東大和アイスホッケーサポーターズ|東京・東大和市からアイスホッケーを一緒に盛り上げて頂ける仲間を募集しています!

コロナに負けるな!〜「今」だからできることにチャレンジしませんか?〜 | アイスホッケー元女子日本代表・水上愛奈


女子アイスホッケー日本代表

2022冬季オリンピック北京大会の出場権獲得!!

コロナ禍の中、嬉しいニュースもありました!
2020年4月に女子アイスホッケー日本代表が2022冬季オリンピック北京大会の出場権を冬季種目一番乗りで決めました。

2020東京オリンピックが延期となり、多くのアスリートが不安を抱えているのではないかと思います。このようなニュースを励みに、「今」できることを、大会開催までコツコツと積み重ねていきましょう!!

今回は、アイスホッケー元女子日本代表水上愛奈氏から「コロナ禍」の中で考えることについてメッセージをいただきました。

水上氏は、女子アイスホッケー日本代表として2014年ソチ、2018年ピョンチャンオリンピックに2大会連続出場。2014年には、海外へ移籍しカナダのトップリーグ、CWHL(Canadian Women’s Hockey League)カルガリー・インフェルノでプレーし、2度のリーグ優勝に貢献しました。

現在はご自身の経験を活かし、「スポーツの持つ力を信じ、スポーツによる町おこし」を目指して、釧路町教育委員会にてスポーツコーディネーターとして活動しています。

「コロナ禍」の中で考えること


「アスリートとして何ができるのか、何もできないのでは?」と、このような状況になり、様々なことを考えさせられました。
時には心が折れそうになりながらも、自分にできることを少しづつ実行してきたこの数ヶ月。
今までの生活がいかに幸せだったのか痛感させられました。
新たな生活様式に対応しつつ、皆様の周りでも再び以前のような生活に戻れる日が来るように心より願っています。


水上氏には、当団体主催の海外でプレーするアイスホッケー選手向けオンライン講座にて、オリンピック出場や海外でのプロ契約を目指す選手たちに指導をしてしていただいています。

今回のセミナーでは、

「女性アスリートの競技環境を、どのように作っていったら良いか?」

について、指導者、スタッフ、保護者のみなさまと一緒に考えていく機会になればと思います。

水上氏は、本場カナダのトップリーグで世界のスタンダードをみてきました。

パネルディスカッションでは、その時のお話も聞くことができると思いますので、現役アスリートも必見です!!


お申し込みは、こちらから!!

🔻

No tags for this post.
最新情報をチェックしよう!
>東大和アイスホッケーサポーターズ

東大和アイスホッケーサポーターズ

ウィンタースポーツの代表格の競技であるアイスホッケーでは、多くの若手プレイヤーが独力で海外リーグに挑戦しております。 東大和アイスホッケーサポーターズは、スポンサード企業獲得の支援を行うなど選手の環境整備をしつつ、地域貢献事業を通して東大和のスポーツの街としての魅力向上に繋げる活動を行います。

CTR IMG