東大和アイスホッケーサポーターズ|東京・東大和市からアイスホッケーを一緒に盛り上げて頂ける仲間を募集しています!

世界選手権いよいよ明日開幕! | ~2019フロアボール女子世界選手権情報~

先日、11月23日に開催したスポレク2019にフロアボール女子日本代表チームにご協力頂きました!

そちらのレポートは後日公開致します!

今回は、明日から開幕するフロアボール女子世界選手権直前情報です!

 そのスポレク2019では、たくさんの方に日本国旗🇯🇵にメッセージを書いて頂きました。

スイス🇨🇭で少しでも日本代表のパワーにしてもらえるようにプレゼントさせて頂きました!

それでは、ここから世界選手権情報です!

~2019フロアボール女子世界選手権 in スイス 情報~

国際フロアボール連盟(IFF)公式サイト・日本代表紹介ページ(画像クリックでリンク先へ)

国際フロアボール連盟(IFF)公式サイト・日本代表ページ(画像クリックでリンク先へ)

フロアボール女子世界選手権は2年に1度開催される

“フロアボール世界一決定戦

です!

 1997年の初開催から現在まで11回開催されており、今大会で12回目の開催となります。過去優勝国で圧倒的な結果を残しているのがフロアボールの本場スウェーデン🇸🇪で、最多8回の優勝を誇っており、前回大会まで6連覇中の最強国と言えるでしょう。その他、フィンランド🇫🇮が2回、開催国スイス🇨🇭が1回の優勝経験で11回の開催で、

スウェーデン🇸🇪、フィンランド🇫🇮、スイス🇨🇭

たった3ヶ国しか優勝国がいません!

 11大会中、スウェーデン🇸🇪VSフィンランド🇫🇮の決勝が7回あり、北欧の強さが圧倒的で、全ての大会でスウェーデン、フィンランド、スイスの優勝経験3ヶ国は、上位4ヶ国に名を連ねています。つまりその3ヶ国が準決勝まで進んでいるということになります。この3ヶ国🇸🇪🇫🇮🇨🇭の牙城を崩せるかも今大会の見どころです!

 我らが日本代表🇯🇵は、2019年1月に行われたアジア・オセアニア予選からの出場で、予選2位通過で本戦出場を決めました!

 ちなみにアジア・オセアニア予選の開催地はタイ・バンコクで、偶然にも私が1週間前まで遠征でいた会場と同じところでした!

↓その時の会場の写真。フロアボールは全く関係ありません(笑)しかも準備中です(笑)

 会場はインドアにも関わらず、とにかく蚊がたくさん飛んでいて、フロアボール日本代表にも蚊がたくさんいるという情報を共有させて頂きました(笑)

冗談はさておき、

 日本代表🇯🇵は世界選手権12大会連続出場中のアジア強豪国の一つですが、世界選手権では本場ヨーロッパ勢を含めた国々と世界トップレベルの戦いを挑むことになります。

 スロバキアで行われた前回大会(2017年)は、前々回大会(2015年)から1つ順位を上げた14位という成績でしたが、次の2021世界選手権アジア・オセアニア予選が日本の東京・八王子市で開催されることがすでに決まっており、日本代表は今大会では次のアジア予選に繋がる戦いが期待されています。 

 動画は、前回大会の女子日本代表の全ゴールシーンがまとめられていますので、フロアボールを見たことがないという方、是非一度ご覧ください!

フロアボール女子世界選手権・出場国(世界ランキング)

 出場国は、開催国枠のスイスを除く全15チームが各大陸予選を勝ち抜いて世界選手権の舞台に挑みます。内訳:ヨーロッパ(10枠)、アジア・オセアニア(4枠)、北米(1枠)

そこから世界ランキング上位国(Group A,B)と下位国(Group C,D)で抽選を行い、グループステージの対戦相手が決定します。

Group A

スイス🇨🇭(3)フィンランド🇫🇮(2)ポーランド🇵🇱(7)ドイツ🇩🇪(8)

Group B

チェコ🇨🇿(4)スウェーデン🇸🇪(1)スロバキア🇸🇰(6)ラトビア🇱🇻(5)

Group C

ノルウェー🇳🇴(9)デンマーク🇩🇰(10)日本🇯🇵(14)エストニア🇪🇪(16)

Group D

オーストラリア🇦🇺(12)アメリカ🇺🇸(11)シンガポール🇸🇬(15)タイ🇹🇭(19)

 

大会方式(グループステージ&トーナメント)

グループステージは変則的で、グループA,Bは各グループ内で順位決定を行い、各組1,2位(計4ヶ国)は自動的に準々決勝進出がその時点で決まります。

グループA,Bの各組3,4位(計4ヶ国)は、グループC,Dの各組1,2位の国と準々決勝進出を懸けたプレーオフを行い、プレーオフの勝者が準々決勝に駒を進めます。

トーナメント(ノックアウト方式)

プレーオフの勝者(計4ヶ国)とグループA,Bの各組1,2位(計4ヶ国)の8ヶ国で争う準々決勝からは、ノックアウト方式のトーナメントで優勝を争います。

プレーオフで敗れたチームとグループC,Dの各組3,4位は順位決定戦を行い、最終的に全チームに順位がつくことになります。

 日本は今大会はじめてグループリーグで戦う相手が全てヨーロッパ勢というグループに入りました。もちろん、13位を目指すためには強豪ヨーロッパ勢のデンマーク🇩🇰、ノルウェー🇳🇴、エストニア🇪🇪のいずれかは確実に倒す必要があります。

ヨーロッパ相手に勝利を勝ち取れるかがグループステージでの大きな見どころになります!

そんな日本代表の注目選手は、

FW#10 高橋由衣選手

 現在フロアボールの本場スウェーデン🇸🇪リーグでプレー中で、日本代表では唯一海外でプレーする選手です。

 世界にたった4人しかいない国際フロアボール連盟(IFF)選手会メンバーの内の1人で、アジアのフロアボール普及・発展にも尽力する立場であるアスリートです。

もちろん日本代表でも中心選手でありますので、FW#10 高橋由衣選手ご注目ください!

高橋由衣選手記事リンク:Vektorより

日本代表戦インターネット中継-日程

フロアボール女子世界選手権は国際フロアボール連盟(IFF)のYuTubeチャンネルで全試合ライブ中継されます。

是非、この機会に日本🇯🇵を代表する選手たちの応援をしましょう!

また、フロアボールに少しでも興味がある方もチャンスです!

フロアボールの中継はなかなかない機会なので、是非ご覧ください!

※スイスと日本は8時間の時差があります。

第1戦-12月7日(土)

VS デンマーク🇩🇰 12:00 FACE OFF (日本時間 20:00~)

グループステージ 第2戦-12月8日(日)

VS エストニア🇪🇪 15:00 FACE OFF (日本時間 23:00~)

グループステージ 第3戦-12月9日(月)

VS ノルウェー🇳🇴 16:30 FACE OFF (日本時間 24:30~)

>東大和アイスホッケーサポーターズ

東大和アイスホッケーサポーターズ

ウィンタースポーツの代表格の競技であるアイスホッケーでは、多くの若手プレイヤーが独力で海外リーグに挑戦しております。 東大和アイスホッケーサポーターズは、スポンサード企業獲得の支援を行うなど選手の環境整備をしつつ、地域貢献事業を通して東大和のスポーツの街としての魅力向上に繋げる活動を行います。

CTR IMG