東大和アイスホッケーサポーターズ|東京・東大和市からアイスホッケーを一緒に盛り上げて頂ける仲間を募集しています!

オンラインセミナー|村井忠寛氏(元 栃木日光アイスバックス監督)

日本のアイスホッケー界の発展を願う指導者セミナー

緊急オンライン公開

講師: 元 栃木日光アイスバックス監督 村井忠寛

コーディネーター:長野オリンピックアイスホッケー日本代表 三浦孝之
 (東大和アイスホッケーサポーターズ)

『チームづくりの本質』

成果を出し続けているチームには共通点があります。

限られた環境で成果を出し続けた村井忠寛氏から、今も進化を遂げる自身のチームづくりについて語って頂きます。

質疑応答やディスカッションの時間を設けて、チームづくりの疑問点や問題点などにもお答え頂く予定です。(聞き手の三浦孝之も時に参加します)

オンライン・リアルタイムならではのざっくばらんな“密”な雰囲気で行います。多くの方にご参加頂ければ幸いです。

【前編】5月30日(土)17:00 開始 『組織編』

【後編】6月6日(土)17:00 開始  『実践編』

【参加費】

(5/30、6/6の両日参加場合)

一般: 3,000円 / 学生: 1,500円

(いずれか参加の場合)

一般: 2,000円 / 学生: 1,000円

下記のサイトよりチケットをご購入下さい。

イコールオンラインへのリンク|オンラインセミナー村井忠寛|東大和アイスホッケーサポーターズ

イコールオンライン運営の株式会社イコールは東大和アイスホッケーサポーターズの運営協力団体です。

頂いた収益は講師のご厚意で東大和アイスホッケーサポーターズの若手海外プレイヤー支援事業へ充当されます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


【対象】

アイスホッケーチームを指導するコーチ、トレーナー、関係者など


【目的】

「学び、伝え、また学ぶ。」

指導者の知識のレベルアップ、 競技、チーム全体の底上げ、コーチ同士のコミュニティ化

コロナウイルスの影響でチーム活動が難しい今、活動再開に向けたチームづくり、選手のモチベーション維持をコーチたちでどのように行えるか、という問題を抱える今だからこそコーチングを学ぶ機会を設けました。

【セミナー概要

過去、アイスホッケーの攻めや守りの手法がこれまでも頻繁に分析されてきたが、近年は勝つチームの「チームづくり」に一段と注目が集まっています。

常勝チームに共通する点とは何なのか?そして、その共通点はチームづくりにとって重要なのか?多様な背景を持つ選手たちをまとめ、チームとしての力を引き出し成果を上げるために、コーチに求められるチームづくりとは? チームづくりに定評のある元・栃木日光アイスバックス監督で現在、青山学院大学アイスホッケー部コーチ、チームデベロップメントディレクターを務めている村井忠寛氏を招き、2020年5月31日と6月6日の全2回にわたり、「チームづくりの本質」と題しオンラインセミナーを開催します。

【セミナーテーマ】

2020/5/30(土)

『チームづくりの本質』組織編

・バラバラな個人をひとつにまとめるコツ
・選手の評価や分析方法
・選手の自主性を生み出すための方法

などを中心に一貫性のあるチームづくりの方法を伝える。

2020/6/06(土)

『チームづくりの本質』実践編 

・「ジブンたちのホッケー」を実現する具体的な方法
・ホッケーの原理原則とシステムの作り方
・チームのプログラムや練習計画の立て方

などを中心にホッケーの実践的コーチング方法を伝える。


【講師プロフィール】

元 栃木日光アイスバックス監督 村井忠寛

栃木日光アイスバックス選手として1999年-2009年11年間プレー。2009年-2013年までの4年間監督を務めた。

その後、スポーツ教育、アスリートキャリアを行うため2015年株式会社アスリートスタンダードを創業。自立した組織、チームづくり。インテリジェンスの高い選手と人の育て方。年代を問わず幅広く全国的にコーチング、講演など行いスポーツ教育を推進する。

各大学と連携したアスリートキャリア形成プロジェクト。スポーツ庁委託事業のデュアルキャリアプロジェクトメンバーとしても活動。2016年より青山学院大学アイスホッケー部ヘッドコーチ。アイスホッケー地方連盟と連携し一貫指導育成プログラムの構築にも参画。

Jリーグチーム、高校サッカー部の研修。教育現場の学校での研修、講演。企業研修、講演活動など多岐に活動を行う。理想の部活動アセスメント「BUKATSU」を運営。今まで全国で約2万人以上の部活動の組織分析を行なっている。

【コーディネータープロフィール】

長野オリンピックアイスホッケー日本代表 三浦孝之

1967年、青森県八戸市生まれ。1989年-2000年まで西武鉄道の選手としてプレー。1998年長野五輪には選手として出場。2002年から指導者に転身すると、専修大学、昭和大学等のチームをリーグ優勝へ導き、その他、現在まで指導する多くのチームで成果を上げている。

>東大和アイスホッケーサポーターズ

東大和アイスホッケーサポーターズ

ウィンタースポーツの代表格の競技であるアイスホッケーでは、多くの若手プレイヤーが独力で海外リーグに挑戦しております。 東大和アイスホッケーサポーターズは、スポンサード企業獲得の支援を行うなど選手の環境整備をしつつ、地域貢献事業を通して東大和のスポーツの街としての魅力向上に繋げる活動を行います。

CTR IMG